夜のお茶時間

夕ご飯を終えてしばらくすると、毎日大きなポットいっぱいに紅茶を淹れる夫。(ちゃんとリーフティーを使います)

そして、
ソファにドテッと座っている私の前にカップを置き、部屋で勉強中の息子にも持って行く。
b0349003_23134679.jpg

家事は何にもしない人ですがお茶だけはマメに淹れる夫。
お酒は一滴も飲めないけれど、紅茶が大好きな50代(笑)

今夜もカップ1杯の紅茶を飲んで、おやすみなさい。

😴
[PR]
# by kumama47 | 2017-04-26 23:04 | 日々 | Comments(4)

気分を上げて

このところ、どうも気分が落ちこみがち。
(これが、更年期なのか?)
思わず更年期の症状を検索してみると、あれもこれも当てはまるのです。(泣)

これではいかん!何か気分を上げられることをしなくては。
とは言っても隙間時間に出来ることに限られる。
b0349003_23423795.jpg
棚から箱を出して来て
b0349003_23423837.jpg
中身はボタン
b0349003_23423817.jpg
シンプルなカーディガン
b0349003_23423967.jpg
可愛いボタンに変えてみる。(写真では分かりにくいのですが)
b0349003_23424065.jpg
下の6つも好きな色の糸で違うボタンを付けました。

少し手を動かしたら、ちょっと気分も上がったかな?

さっそく、明日着て行きましょう。



[PR]
# by kumama47 | 2017-04-24 23:13 | 日々 | Comments(2)

(私の為の)お弁当覚書①

高校最終年のお弁当。
朝補習で出発時間が1時間早くなり、最初はドキドキしたものの毎日なんとか作っています。
一年経って振り返る時の為に(振り返らないかもしれないけれど)お弁当覚書。

4/13(木)
b0349003_08133077.jpg

4/14(金)
b0349003_08133157.jpg

4/17(月)
b0349003_08133231.jpg

4/18(火)
b0349003_08133256.jpg

4/19(水)
b0349003_08133327.jpg

4/20(木)
b0349003_08133477.jpg

4/21(金)
b0349003_08133424.jpg


暖かくなって来て、そろそろ「冷やし中華」なども良いかもな。
今日は買い出しに行って来ます。
[PR]
# by kumama47 | 2017-04-23 08:01 | お弁当

4月〜映画へ

今月も映画に行く。
b0349003_20292376.jpg

高校で哲学を教えているナタリー。
50代後半となり子供達も独立し充実した日々を送っているはずだったのに……

突然、夫から「他に好きな人がいる」と告げられ離婚。
そして実母が他界し、執筆の仕事も出版社から外され、お気に入りだった教え子からも厳しい事を言われ、様々な不運に見舞われる主人公。
こうなると次の展開としては、大逆転が起こりそうな予感がするものの……

さすがフランス映画(?)
新しい恋人も現れず、仕事で大成功もせず、ただひたすら淡々と描かれるだけ。

若い頃なら(なんなんだ?この話は)と思ったに違いない物語。
ところが、歳を重ねた所為なのか説明の少ないシーンの数々の行間を(勝手な)想像で埋めている自分に気が付く。
最後まで退屈する事なく観終わりました。

「ひとりになって本当の自由を手に入れた」と言ったナタリー。
私は、きっとそこまでは思えないだろうな。

😊

映画館の帰り道。
商店街のイベントで歩道沿いに並んでいた移動販売のテント。
花屋さんで「アリストロメリア」の花束を買いました。
b0349003_23440764.jpg

大きな花瓶ひとつと小さな花瓶二つに活けられるほどの本数で398円!!

映画のチラシに「自分のために花を買う」と書いてある。そこだけ主人公の真似。^ ^
[PR]
# by kumama47 | 2017-04-20 23:40 | 映画 | Comments(4)

美しい人

いただいた鑑賞券で観て来ました。
b0349003_09224856.jpg

大好きな映画「裏窓」
骨折で動けない恋人の部屋を訪ねるグレース・ケリー。登場シーンの彼女の美しさが忘れられません。
世の中にこんな美しい人がいるんだなと素直に感動したのを覚えています。

モナコ公妃になってスクリーンで見られなくなってしまったけれど、この展覧会では公妃になってからの写真や愛用のドレス、自身の押し花作品など興味深い展示が多数ありました。
b0349003_12010783.jpg

ハイブランドな世界には縁が無いのでわからないのですが、どのドレスもシンプルなデザインで素敵。
美しい人が身に付ければ更に映えるのでしょうね。

もしも、こんな美貌に生まれてきたら私ならどうする?
やっぱり想像もつきません。(≧∇≦)


[PR]
# by kumama47 | 2017-04-16 12:14 | 美術館 | Comments(10)

私と夫と息子のなにげない日常。


by kumama
プロフィールを見る
画像一覧